スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本各地の名産麺類 vol40

沖縄そば (沖縄県)

沖縄そば

沖縄そば(おきなわそば)は、沖縄料理の一つで、沖縄県の伝統的な麺です。
単に「すば」、あるいは「うちなーすば」とも呼び、沖縄においては「すば」「そば」は通常は沖縄そばを指し、蕎麦は「日本そば」「ヤマトそば」「黒いおそば」などと呼んで区別します。
「そば」と呼ぶものの蕎麦粉は使用されず、小麦粉100%の麺でかんすい(鹹水)を用います。
製法的には中華麺の一種であり、公正競争規約の上でも「中華めん」に分類されていますが、麺は一般に太めで、和風のだしを用いることもあって、その味や食感はラーメンよりむしろ肉うどんなどに類似しています。
発祥については諸説ありますが、庶民の食べ物としての「そば」が紹介されたのは明治後期のことで、県民食として大々的に普及して現在のような形態となったのは戦後、県外にもその存在が知られるようになったのは沖縄復帰以降のことです。


終わりに

このように、麺類といっても日本各地によって様々な傾向があります。
あらゆる地域で、その土地ならではの名産麺類が在り、地元の方はみな嬉しそうに語ってくれます。
単なる料理ではなく、いわば一種の故郷の宝物です。
今回で「日本各地の名産麺類」の紹介は終了致します。

こさんバナー

スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

日本各地の名産麺類 vol39

島原手延べ素麺 (長崎県)

島原


 島原半島有家、西有家地方に長崎県特産の手延べ素麺が始められたのは寛永14年(1637)頃です。
幕府の重税とキリスト教禁教に反抗し住民が天草四郎の元に集まり島原の乱を起こしました。
 この乱により殆ど無人化してしまった島原南部地方の農村を復興すべく徳川幕府により強制移民の策がとられました。(瀬戸内海小豆島近辺からだと言われています)
 雲仙山麓は良質の小麦がとれ、素麺に適した地である事に目を付け本場中国より手法を会得し、手延べ素麺が作られ始めました。
 良質の小麦で作り上げられた味は評判良く、こつこつと続けられていきました。
 今では長崎県の特産品、島原手延べ素麺として名声を高めて、九州はもとより全国に知れ渡りました。

こさんバナー

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

日本各地の名産麺類 vol38

皿うどん (長崎県)

うどん皿

長崎市の四海楼で、ちゃんぽんと同様に陳平順が考案しました。
元々は「ちゃんぽん」を出前用にアレンジし、配送時にこぼれないよう汁を少なくしたものです。
なお当時から長崎ではちゃんぽんの出前が盛んで、蓋をつけた専用の丼も作られていました。
このような経緯から当初の麺や具材はちゃんぽんとほぼ同様であり、現在でも「ちゃんぽん・皿うどん」のように一緒に紹介されることも多いです。
見た目が皿に盛った焼きうどんのようだった事などから「皿うどん」の名が付き、その後堅焼きそばが伝わって長崎で発展し、同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれています。

こさんバナー

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

日本各地の名産麺類 vol37

ちゃんぽん (長崎県)

ちゃんぽん1

長崎県長崎市発祥のちゃんぽんは福建料理をベースとしています。
明治時代中期、長崎市に現存する中華料理店「四海楼」の初代店主陳平順が、当時日本に訪れていた大勢の中国人(当時は清国人)留学生に、安くて栄養価の高い食事を食べさせる為に考案しました。
肉、魚介類、野菜など十数種の具材をラードで炒め、豚骨と鶏がらでとったスープで味を調えます。
そこにちゃんぽん用の麺を入れて煮立ます。
太い麺と具材の多さが特徴で他の麺類と大きく異なる点は、麺をスープで煮込むことです。
長崎のちゃんぽんが全国的に知られるようになったのには、全国チェーンとなった「リンガーハット」の影響が大きいです。

こさんバナー

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

日本各地の名産麺類 vol36

ごまだしうどん (大分県)

ごまだし


大分県の佐伯市発祥のうどんです。
焼いたエソ類などの魚の身、ごま、醤油等を混ぜ、擂り潰して作られる「ごまだし」と呼ぶ物を湯に溶き、つゆとして用いります。
器にうどん玉を入れ、ごまだしを載せてお湯を掛けて、「ごまだしうどん」とするのが最も一般的な食べ方です。
また、うどんだけではなくそうめんを使ったり、その他の麺類やご飯等を用いた料理のトッピングや調味料として利用されることもあります。
ごまだしは広口の瓶に入れておけば、夏は1週間、冬は1ヶ月は保存が利きます。
ごまだしは家庭で作られていたため、その味は各家庭により様々です。
元々は観光客向けの名物料理ではなく、水産物が豊富な佐伯の家庭でよく食される一般的な料理の一つでありましたが、食の多様化や、作るのに手間がかかること、特に地元での漁業の衰退もあって材料のエソが手に入りにくくなったことから、家庭で「ごまだし」が作られることは少なくなり、現在では珍しいメニューの一つとなっています。

こさんバナー

テーマ : うどん - ジャンル : グルメ

プロフィール

饂飩こさん

Author:饂飩こさん
こさんのうどんは、長時間低温熟成した本格匠味うどん。
「どなたにでももっと気軽に本格的な美味しいうどんを」との店主のこだわりが、自宅でもその味を楽しめるうどんを生み出しました。
その美味しさをそのまま冷凍にしてお届けしています。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。